酵素は体にいい。。。言われていますがどんな風に良いのでしょうか

体の中の酵素は1日に一定の量しか作れないって!

酵素は腸内環境改善や健康維持にはなくてはならないもの。。。

酵素の役割。。。
正しい酵素の取り入れ方など
酵素についてもっと知りたいですね!(^^)!

スポンサーリンク
  

酵素はどんな働きをするの?

酵素は体の中で起きる

すべての科学反応や生物反応に関わりが深い重要のな成分です

 

酵素には2種類あります
消化酵素は食物の消化吸収につかわれる酵素です
代謝酵素は体内に吸収された栄養素を活動させる働きをする酵素です

 

体に一部を動かすにも、酵素の働きは重要になってきます

質の良い栄養を取り入れても酵素が働かないと

体に取り入れることができなくなってしまうのです

 

年齢とともに酵素は減ってきます。

生まれたばかりの赤ちゃんは

高齢者の数百倍の酵素が存在すると

言われているのです

 

確かに、、、歳をとると揚げ物や焼き肉などだんだん食べられなくなってきています~
若い時のようにこってり、、、料理など食べ過ぎてしまうと、、、

胃に負担がかかり、もたれてしまう事もありますよね。

 

これは、、、内臓が老化してきて

消化酵素の生産能力が衰えてきたということです( ノД`)
代謝酵素も同じく衰えてきています。

 

酵素は1日に一定の量しか作ることができないのです
酵素を消化するときに使ってしまうと代謝に使う分が少なくなる~ということになります

 

代謝酵素
エネルギーを作ったり
運動の再生に使われたり
老廃物を除去してくれたり
体の免疫を高めたり

健康や美容にも欠かせないものです

 

貴重な、、、酵素、、、

消化より代謝に使いたい!ですよね。。

 

加熱したものばかり食べる
夜遅い時間に食べる
食べ過ぎている
などの人は要注意ですよ!

 

消化するために、、、

大量の酵素が使われています!
また、消化できなかった食物が腸内で腐敗

そして免疫力も低下。。。

毒素が血液中に吸収されることで

毛細血管も流れが悪くなってきます

 

便秘の人や便が臭い人は


酵素が足りていませんよ。。。

腸内環境が悪化しているのです

スポンサーリンク

 

 

酵素を正しく取り入れるための3つの注意点

酵素を取り入れるにはできるだけ

生の食べ物をとるようにしましょう

生の食べ物には大量の植物酵素が入っています

多くの酵素は48度以上の熱を加えると

変質して してしまい
酵素の働きが止まってしまうので

加熱はできるだけ避けてください

 

食べる者のすべてを生にする必要はないのですが

1日食べる量のうち

生野菜か果物5割
加熱調理したものを5割
目安にすると良いですね

味噌やヨーグルト納豆など

発酵食品
酵素が多く含んでいるので
積極的に取り入れることをお勧めします

 

 

生のものを食べる時の注意点として
植物の種 (みかん、スイカ、巨砲などの種)には

酵素抑制物質が含まれていて

酵素の働きをされてしまう作用があります

 

健康食のの代表の玄米や大豆、小豆にもアブシジン酸という

酵素抑制物質
含まれているので

アブシジン酸を取り除くために
12時間水につけてから調理してくださいね

 

 

酵素生活をきちんと行うための3つの気を付けること

食事の半分は加熱しないで生で食べる事

生野菜や果物から先に食べる事

アルファリノレン酸を 含む質の良い油を摂取すること

この3つの事を頭に入れて毎日の食生活を改善していってください

 

 

酵素が2倍に活性化する方法

酵素の働きを
2~3倍活性化するにはすりおろすことです

生野菜や果物をすりおろすと
細胞に傷がつくので

酵素が活性化されるということです

2~3倍にも活性化するのなら、、、
絶対にすりおろすほうがいいですよね。。。!(^^)!

 

だいこんや人参生姜セロリなど何でもす
すりおろして食べてみてください!

 

きゅうりは特に脂肪分解酵素が多く含まれているので

すりおろすと効果がアップします

 

食事は酵素を先に取っておくと
後から食べる食物の消化を助けてくれるので
生野菜や発酵食品や果物は先に食べるように心がけてくださいね

 

外食やコンビニ食など食べる場合は食事の前に
ヨーグルトや納豆などを食べるということも大切ですね(^^♪

 

7897

 

 

まとめ

酵素は栄養素を取り入れるために不可欠な存在なんです!
便秘解消や健康のために
酵素を取り入れる生活を 意識してみてください

スポンサーリンク