暑くなってくると

お弁当作りも工夫しないと食中毒など心配ですよね。。。

暑い夏だからこそ、、、
お昼は、コンビニで簡単に、、、では
夏バテ、、、になりかねません。。。

腸内フローラも整わないと
夏太りや体調不良になりやすくなってしまいます。

栄養と腐りにくい食材を工夫して

お弁当作りも頑張ってみてくださいね

スポンサーリンク
  

お弁当を作る時の注意点

お弁当を作る前に

お弁当箱を良く洗うこと

衛生面に注意をしてください。。。


食べ終わったお弁当箱は雑菌だらけです

できるだけすぐに洗うように心がけてくださいね
特にゴムパッキンなどは外して

隙間もきちんと洗ってください

 

お弁当箱は熱湯消毒をすることがお勧めですが
めんどくさいなという方は

キッチンペーパーにお酢を湿らせて軽く拭くと
雑菌が繁殖しにくくなります

お弁当を作る朝は時間に

余裕をもって作ってくださいね
慌ただしく作ると

ホカホカなお弁当なってしまい
お弁当箱に詰め込む時に

食材が温かいと

雑菌が繁殖しやすくなってしまいますから、、、

お弁当箱に食材を詰めるときは冷めた状態で入れてください

お弁当を作るときは手洗いにも気をつけてくださいね


朝だから手は綺麗だと思っていても
トイレに行ったり
スマホをいじったっ手
バイキンだらけです!

手洗いも重要ですよ

夏のお弁当の腐りにくい食材は

夏のお弁当は水分の多い食材はいれないほうが無難です。
水分が多いと雑菌が繁殖しやすくなります

おひたしやサラダなどは注意が必要です

定番の梅干しはオススメですね
梅干しのクエン酸が雑菌の繁殖を抑えてくれますよ

わさびを使った料理も雑菌が繁殖しにくくなります

スポンサーリンク

大葉もお勧めです
卵焼きの下に敷いたり
緑が欲しい時に仕切りに使ったりすると
雑菌が繁殖し難くなりとても便利ですよ

 

夏のお弁当の腐りにくい簡単メニュー

ピーマンの梅とおかか和え
ピーマン ニコ個はヘタを取って細切りします

ごま油放ってさっと炒めます
次に酒を少々と
種を取り除いた梅干しを一つ加えて
しょうゆで味を整えてください

味の素を振ると味が引き締まります
カツオ節を入れることで水分もなくなり
美味しくなりますよ

・ほうれん草いり甘い卵焼き
ほうれん草は

茹でて細かく切っておきます
卵2個に砂糖大さじ1
みりん少々
醤油少々
片栗粉少々入れて

ほうれん草を混ぜ込み
普通に焼きます

 

甘い卵焼きが出来上がり
少し甘めにすると腐りにくくなり、

食欲が落ちるときでも
食べやすくなります。

ほうれん草をいれると栄養価が増しますよ♪

 

鶏肉の甘酢

鶏肉 一口大に切り塩コショウをします
フライパンで皮目からカリッと焼きます
酒大さじ1
はちみつ大さじ1
醤油大さじ1
黒酢又はお酢小さじ1
粒マスタード少々

これらを混ぜ合わせてフライパンで

焼き上がった鶏肉に絡めます

お酢が入っているので傷みにくくなります

 

鮭とゴマのすし酢ご飯
炊き上がったご飯に寿司酢と
ほぐした鮭又は瓶詰の鮭
白ごまを混ぜます

冷めてから詰めればでば出来上がりです

簡単。。。
お酢のご飯はさっぱりとして食べやすく、
傷みにくいのでお勧めです

お好みで大葉のみじん切りも混ぜると
雑菌が繁殖しにくくなります

 

まとめ

夏バテしないように栄養にも気を付けて

お弁当作りをたのしんでくださいね

 

夏場のお弁当はお弁当を置いておく場所に左右されます。

直射日光の下には絶対に置かないようにしてくださいね。

保冷材などで工夫して持ち運びにも気を付けることが大切です

 

変な匂いがしたら、、、食べるのをやめましょう。。。

 

 

スポンサーリンク