便秘毒素がたまっていませんか?


腸の働きが活発なら

痩せ体質になることができます

 

足裏

が持つ

痩せるための特徴とは。。。

 

 

スポンサーリンク
 

 

痩せるための腸の仕組みとは

痩せにくい体の元となる毒素

体の外に出してくれるのは

便と 尿と です

 

その中でも7割以上を占めているのが

便です

腸が健康ですっきり便通があれば

毒素が出てくれるので痩せるはずです

 

 

腸の働きが活発なら痩せ体質に近づきます

 

内臓を動かしたり 呼吸をしたりするだけで

人間はエネルギーを消費しているのです

これは基礎代謝と言われています

 

腸は内臓の中でもとてもよく動くので

腸が活発なら 基礎代謝がアップします

 

生活をしているだけで

運動しなくても痩せやすい体質になるということです

 

 

腸の仕組みとはどんなものでしょう

大腸

盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、 s 状結腸、直腸からなっています

小腸で栄養を吸収して

その食物の残りかすを大腸で便にしてくれます

大腸の働きが悪いと便秘になってしまいます

 

 

小腸

 

小腸は栄養素を吸収する器官です

小腸の働きが悪くなると太る原因となります

 

小腸の働きが弱いと食べた物が 長く留まってしまい

不要なものまで吸収してしまいます

これが太る原因になってしまうのです

 

S 字結腸

s 字結腸は排泄するまで便をためておく場所です

大腸の一部分で便をためおく場所なので

s 字結腸の働きが悪くなると

便が溜まったのに排泄のサインを脳に送らなくなり

便がどんどん詰まって固くなってしまい出にくくなるのです

 

 

痩せやすくなる足裏と腸の関係とは

足裏と 

離れているけどすごく関係が深い場所です

足裏を押してみると

痛いとか感じる人が多いのではないでしょうか

 

足裏療法やリフレクソロジーという言葉も浸透しています

どちらも足裏を中心にケアをして行う方法です

 

足裏には

内臓と関係の深いポイントとがあるので

内臓を直接触らなくても

その機能を高められると言われています

 

ほとんどの臓器の反射区左右両方の足裏にあるので

できるだけ両端の足裏を押してみてください

 

痩せる力をつける足裏ポイント

大腸

上行結腸、横行結腸下行結腸 直腸など

食物のカスで便を作る行程に関わる器官です

 

刺激すれば排便がスムーズになります

 

 

S 状結腸

S状結腸は便をためておくところ

大腸の一部です

左足にしかありません

ここの部分が硬い場合は便がたまっているかもしれません

よくもみほぐしてください

 

輸尿管

腎臓で作った尿を

膀胱へ運ぶルートを作る場所が輸尿管です

スポンサーリンク

腎臓膀胱とセットで押してみてください

体に蓄積した水分を排出してくれます

 

膀胱

尿を貯めて外に出す器官です

疲れがたまると

機能が落ちてしまうので尿の出が

悪くなることもあります

むくみが気になる時念入りに

刺激してみてください

 

甲状腺

新陳代謝に関係するのが甲状腺です

全身のだるさや

やる気が起きない時などは

ここを刺激してみてください

 

 

腎臓

体に不要なものを尿として

体の外に出してくれる臓器です

足が重いと感じたり

むくみで悩んでる時はここを押すと

痛いかもしれません

 

 

小腸

土踏まずのかかとよりにあるのは

小腸です

こぶしなので中央を

ゴリゴリさすると足裏がほぐれて

小腸のはりがほぐれてきます

 

 

と 足裏もみで

内側からダイエット

 

腸と足裏を 組み合わせて

もむことで体の内側から痩せる力がアップしていきますよ

 

・腸は内臓の中でも盛んに消化吸収活動を行っています

腸の働きが良くなれば基礎代謝がグンと上がり

エネルギーを多く使います

 

脂肪も燃えやすくなり

どんどん痩せ体質に変化してきます

逆に腸の働きが悪くなると

消費量が減って太りやすくなってしまうのです

 

 

腸の動きが鈍くなる

食物の残りカスがの腸あちこちに蓄積してしまいます

長い時間停留すると、

体はその残りカスからも栄養とろうとしてします

 

便として外に出ていれば取り込まずにすんだ 余分ななエネルギーを

取り込んでしまったので 太りやすくなります

 

 

腸と足裏のの基本のマッサージ

足をさすります

腎臓のポイントや輸尿管膀胱のポイント 甲状腺のポイントまで

親指を重ねて押していきます

最後に足裏全体を拳でなぞってください

 

②両手を握りこぶしにして

くるぶしからふくらはぎを上に持ち上げるようにさすります

 

あまり強くこすらなくても痛気持ちいい!

くらいで大丈夫です

三回ぐらい行ってください

 

③仰向けになり両膝を立てて

両手のひら足の付け根に起きます

外側から中心に向かって指の腹を使い

5 回ほどさすってください

 

腸をもみます

仰向けに寝てリラックスな状態で行います

おへその左斜め上から小腸5か所押します

おへその周りを時計回りに5箇所軽く押します

 

親指と小指以外の指の第一関節を重ねて

息を「ふー」と吐きながら優しくを押してください

3秒かけて押し込んで

2秒かけて離すような感じです

 

②大腸を5か所押します

右の骨盤の内側から時計回りに5箇所をします

小腸よりも少し力を加えてマッサージしてください

便やガスを押し出すような感じでもみほぐしましょう

便が溜まっている人

s 状結腸が硬くなっています

 

便を肛門の方へ押し出すよう

やや強めに押してください

特に固い部分があったら

少しもみほぐした方が良いでしょう




まとめ

足裏と腸の機能を高めて

痩せやすい体を手に入れましょう。(^^♪

 

①抹茶は美容に最適!抹茶豆乳ダイエットのコツと気になるカフェインは

②甘いおやつがやめられない40代運動しなくても痩せ体質を目指す方法

③便秘になりにくいトイレの入り方便を出しやすくする体制

④梅ジュースは便秘解消、疲労回復に効果的!カロリーが心配

⑤下痢と便秘を繰り返す母が突然下血した理由

スポンサーリンク