最近よく効く腸内フローラってどんなものなんでしょうか
人の腸の中には1000兆個以上の細菌が住んでいます

細菌が腸内でで種類ごとに集まっている様子をお花畑に見立てて
腸内フローラと呼ぶようになりました。

🌸腸内って「お花畑」なんですね^^

腸内フローラが生産した物質は腸の壁から吸収されます。
血管を通って全身に運ばれていき、腸以外の病気にも影響を及ぼします。

腸内フローラをコントロールできるかにより肥満や糖尿病認知症などの予防になったり、
健康にも腸内フローラが関係することになります。

スポンサーリンク
  

毎日、便が出ない

その日のお通じ から
腸の老化を見 ることができます


あなたのお通じの様子は大丈夫ですか

おならや便が臭い
いきまないと出ないことが多い
・便が硬くて出にくい
・時々便がゆるくなったりする
・排便後も便が残っている感じがする
・便が容器の底に沈む
・コロコロした便が出る
・便の色が黒っぽい
・トイレに行く時間が不規則

当てはまる人は 腸内環境の改善が必要です

 

便秘にならないようにするには

腸内細菌の 種類は3つあります

善玉菌
  善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌などの体に良い栄養影響を及ぼす及ぼします体に良い影響を及ぼす菌で発酵を行う

悪玉菌
  体に有害な働きをす菌で腐敗を起こす

日和見菌
  善玉菌と悪玉菌の様子をどちらかな様子を見てどちらが優勢な方について働きを変えるという特徴があります

  理想的な腸内フローラのバランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割、の比率です。
  この状態が善玉菌を優位に働かせてくれます

 

赤ちゃんの腸内は母乳から 得る栄養などによって
善玉菌であるビフィズス菌が優勢ですが、
年齢とともに悪玉菌の割合は増えてきます。

 

50歳以降になると悪玉菌が優位になり
加齢に伴い腸の老廃物を出す力も弱くなり
腸内にに有害な腐敗物質がたまりやすくなります

なので
50歳以降は特に善玉菌を増やす食生活に力を入れ、腸の働きを活発にするための運動などを、積極的に行うことが大事になってきます 。

スポンサーリンク

善玉菌と乳酸菌の違いとは
善玉菌の代表であるビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌は人の腸の中では最も多く存在ってしている善玉菌でオリゴ糖などを餌として乳酸以外にもたくさんを作っています。
全フィルス菌は自然のままの食品には含まれていませんが、
パッケージにビフィズス菌と書かれたヨーグルトや飲料サプリメントから食摂取できます。

乳酸菌とは数は少ないものの盗塁を餌として少量から効率良く乳酸を作り出しています腸内だけでなく発酵食品や乳製品のなかにも
存在しています。

 

善玉菌を増やすヨーグルトは毎日取り続けた方がいいのか

口から入った善玉菌はいつまでも腸に止まっているわけではありません1日から3日ぐらいで排出されてしまいます。

なので善玉菌は毎日取り続けることが重要ですね。^^

ヨーグルトであれば1日300g 以上食べることが望ましいです。

ヨーグルトが苦手な人は

乳酸菌を豊富に含む飲料やキムチやぬか漬け、チーズ、味噌などもおすすめです。

その際には糖分や塩分なども気をつけてくださいね。

 

善玉菌のエサとなるオリゴ糖と食物繊維も一緒に食べることも重要になってきます。

善玉菌をたくさんとっても菌を喜ばせる餌がなければ十分に増殖できないからです。

オリゴ糖は玉ねぎごぼう花などに含まれるフラクトオリゴ糖

大豆製品に含まれる大豆オリゴ糖はちみつや醤油などに含まれるソルマルトオリゴ糖などがあります。

食物繊維はエリンギやえのき、切り干し大根など便のかさを増す不溶性食物繊維
オクラ、山芋、海藻などの便を柔らかくする水溶性植物繊維の両方とるのがいいと思います 。

 

 

腸内フローラを整えるためには

善玉菌を増やす食生活の他にも毎日生活を見直すことが必要です
特に便をためないことがとても大切です

 


便秘や下痢がなくなれば腸内の善玉菌が増えて便秘を改善されると言われます。
インナーマッスルが弱いと便を出す力が弱くなり便秘が起こります。
これを解消するためにはウォーキングや腸腰筋を鍛えるエクササイズなどがとても効果的です。


またストレスによって腸の一部が痙攣しほそくなることも起こり得るため、ストレスをためないことも大切です。

質の良い睡眠や心身をリラックスさせることで腸内細菌の働きを正常のし腸内フローラを整えることが重要です。

 

自宅で簡単にできる腸腰筋や腹筋などの腸の周りの筋肉を付けるエクササイズ

テレビを見ながら足を高く上げてその場ウォーキング

 地面と平行になるまで太ももを高く引き上げます腸腰筋や腹筋が鍛えられることになります 。

 

足を肩幅に開いて立ち手を頭の後ろで組んでそのままゆっくり腰を落としてスクワットします
 注意点は前かがみにならないように気をつけてください 。

 

その他腸の蠕動運動を促すための腸マッサージ
 時計回りに「の」の字を書くように優しくマッサージしてみてください 。

 

毎日少しの努力をするだけで腸内フローラが整ってきます。
腸内フローラは身体全体の健康にも深い関わりがあるので生活習慣を丁寧に見直して腸内環境を改善する努力をしていきましょう。

スポンサーリンク