松井ニット技研マフラー手袋

美しく暖かいと世界の美術館で

人気を集めています。

 

ニューヨークやカナダやパリなどの

美術館やショップでもバカ売れという人気!

松井ニット技研(KNITTINGINN)のマフラーや手袋とは

どんな商品なのでしょう

 

スポンサーリンク
  

松井ニット技研のマフラーが評判の訳

出典http://fujimaki-select.com/item/177_0001.htm

松井ニット技研は群馬県の桐生市にあり

古くから繊維業が盛んな町です

松井ニットマフラーは50年ほど前からの古い機械作っています
歴史ある編み方で編んでいる貴重なマフラーです。
カシミヤ100%で風合いが素晴らしく色合いも綺麗!と評判です。

リブ編みという編み方で伸び縮みするので

使いごごちが良く配色がきれいです
色の種類も多いので選ぶ楽しみがあります。

 

KNITTINGINNのブランドができるまで

ニューヨークの近代美術館のMOMAのデザイナーが

松井ニット技研にきて商品を選んで販売を始めたそうです!

400枚からの販売スタートだったところ

瞬く間に人気商品となり販売が追い付かなくなった

ほどだそうです。

 

凄いですね

ニューヨークで日本の織物が評価されたこと

は日本の産業の誇りですね♡

ニューヨーク近代美術館のMoMAストアで

ストール部門の販売総数5年連続1位を

記録した松井ニットのマフラーは

これからも世界にどんどん広がってくことと思います

 

松井ニットのマフラーの特徴

松井ニット技研(KNITTINGINN)のマフラーを編む機械は

昭和30年代の旧式の織機で低速で織られるのが特徴です。

織るスピードが遅いと糸に負担がかかりにくく

柔らかい弾力がでるそうです。

スポンサーリンク

カシミヤ100%の糸は

高級品で落ち着いた色しかできないと言われていますが
松井ニットのマフラーは色合いが多いのが特徴です。

 

180色の中から選んでいるそうです

出典http://motokurashi.com/gunma-kiryu-matsu-iknit/20150313

ウール100%でこの鮮やかな色合いができるなんて

凄いですね。

直接肌に触れてもやさしい肌触りになります。

松井ニットのマフラーのリブ編みやマルチなカラー

はニューヨーカーも認めています。

品質も認められている素晴らしいマフラーです

仕上げは手作業で丁寧に作られています。

松井ニットの機械で編む作業はこちらから確認してみてください。

 

 

まとめ

日本の歴史ある技術が世界から高い評価を受けていることは
日本の誇りです!
これからも素晴らしい織物を作り続けていってほしいです。

マフラー欲しくなりますね。。。

どんな使い心地なんでしょう~♪

スポンサーリンク