• 台湾旅行でWiFiは必要ですね。

無料スポットも充実している台湾ですが
やはり旅先で調べものにはWiFiをレンタルしておいた方がよさそう♪

 

 

2~3人でシェアすれば断然お得ですが、

台湾DETA」は使い放題で値段が安い!!

 

安いので繋がるか不安?と思っていましたが、

実際台北で3日間使用してみた感想をシェアしたいと思います

スポンサーリンク
  

台湾WiFiレンタルは「台湾DETA」がお得

台湾旅行ではWiFiレンタルに悩むことろです。

値段やつながりやすさなどを考慮して

「台湾DETA」のWiFiルーターをレンタルしてみました。♡

台湾DETAは台湾にある通信会社「中華電信」のWiFiルーターです

中華電信は

台湾や中国で最大の電気通信事業者で

台湾で上場していて、
他の会社より電波中継基地曲が多く

通信速度も安定していると評判です。

 

台湾全域で4GLTE対応です

通信速度も問題なし!

定額通信料が1日590円と破格!

しかも24時間トし放題とは有り難いです♡

 

実際に3日間台北で使用してみましたが

日本にいるのと変わらない感じで使用することができました

グーグルマップも違和感なく使えます

 

WiFiルーターのバッテリーは1日持ち歩くと不安でした。

夕方からは充電しながら使用しました。

まる1日ほとんどグーグルマップなど

調べものをしながら行動する場合は

バッテリーは持ち歩いた方がよさそうですね。

ツアーなどで行動するには問題なく1日使えると思います。

 

 

お得意な申し込み方法は1か月以上前に申し込みをすると10%の割引になります。

スポンサーリンク

 

何日前まで申しこめばよい?

空港受け取りは羽田では取り扱っていないため、自宅に郵送してもらいました。

なんと、、、送料は「無料」です!

 

1週間前までのお申込みが確実ですと書いてありますが6日前に申し込みしましたが。

 

出発日の2日前にはちゃんと届きました~。

届く前にも発送しましたメールが来るので

事業所まで確認することができたので、不安はありませんでしたよ♪

 

 

空港で受け取りの場合は「出発日前日」まで申し込めば

空港で受け取ることができます。

自宅に郵送の場合は1週間前までが安心ですね

 

台湾WiFiレンタルは「台湾DETA」使い方や返却方法

自宅に郵送されたWiFiルーターのパスワードを携帯に打ち込めば、、、

台湾到着後から使用することができます。

充電は出発までにしておいてくださいね

説明書も入ってくるのですが

使い方は凄く簡単でした。

 

 

返却方法

帰国後ポストに返還すれば大丈夫です。

決められた封筒に入れてポストイン!!

注意点は帰国後翌々日の消印になると延滞料が発生してしまうので

帰ってきたらすぐに返却した方が安心ですね

 

台湾データ
https://www.gmobile.biz/taiwan/

キャンセルする場合

出発4日前なでの場合はキャンセルできます!

3日前からは1台1620円のキャンセル料が発生してしまうので注意してくださいね。

まとめ

台湾DETAは
24時間パケット使い放題
1日590円と破格
電波の心配もなく使用できる

台湾に旅行を考えているならWiKiレンタルは「台湾DETA]がお勧めです。

中華電信はSIMフリー携帯のプリペイドSIMもお勧めですよ♪
プリペイドSIMカードなら差し込むだけで、WiFiルーターを持ち歩かなくて良いので快適です♡

スポンサーリンク