近年入荷されやすくなった「テフ」成城石井でも購入することができます。

スーパーフードとして海外で話題になっている「テフ」どんな味なのでしょうか?

テフの効果や食べ方など紹介します

スポンサーリンク
  

スーパーフード「テフ」の栄養効果

健康に気を使う人たちの中でも話題になっている「テフ」はエチオピアで最も多く生産されています。
イネ科スズメガヤ属の植物でお米と同じ穀物になります

一粒がとても小さく1粒2mmほどの大きさしかありません。

エチオピアではこの栄養満点の「テフ」を乳酸発酵させてクレープのように薄く焼いて食べる「インジェラ」を
毎食食べているそうです

日本でいう白米のような存在なんですね。。。

 

テフは小麦や大麦より2~3倍の鉄分を含み,カルシウムタンパク質も豊富に含まれています

テフはグルテンフリーなので特に健康志向の高い人に注目を浴びています

 

オメガ3脂肪酸
テフにはオメガ3脂肪脂肪酸は豊富に含まれていて代謝を上げる効果があり体脂肪の減少に役立ちます
痩せやすい体質を作ってくれます

乾燥しやすい肌も保湿してくれツルツルの肌♡に導いてくれます

 

食物繊維

玄米の2倍の食物繊維が含まれています。
腸内環境を整えてくれるの、便秘解消になります。

マグネシウム
タフにはマグネシウムが含まれています
便を柔らかくしてくれるので便がコロコロしていて出しにくい!という人にはありがたい栄養素です

鉄分
テフの鉄分は玄米よりかなり多く含まれています
玄米2,1g
テフ7,6g
貧血で悩んでいる人にはうれしい食物です

 

タンパク質
お米の約2倍のタンパク質が含まれています
テフ13g
米6,1g

 

カルシウム
カルシウムは小麦の2倍も含まれています
歯や骨を丈夫にしてくれます骨粗しょう症の予防にもなります

 

カリウム
血流を良くしてむくみの予防になります

 

テフにはレジスタントスターチが含まれていて満腹感を得やすくするだけじゃなく食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます

 

 

栄養成分
100gあたり
エネルギー  367㎉
タンパク質  13.3g
脂質    2.4g
炭水化物  73.1g(糖質65.1g 食物繊維8.0g)
亜鉛    3.6g
鉄     7.6g
ビタミンB1  0.39㎎
ビタミンB6  0.48㎎

スポンサーリンク

テフって美味しい?食べ方は?

テフは美味しい、、

というより

癖がなくあまり味がありません、、、

 

何の料理にも合い!ということになります(^^♪

今回購入したテフは成城石井のホワイト「テフ」粒状の物です

 

粉状のテフもあります
テフは基本加熱して食べます

 

粒状のテフの作り方

・テフの3倍の量の水を鍋に入れて強火で沸騰させます

・沸騰したら弱火で15~20分茹でます。

・水分がなくなるととろみが出てきます

・とろみがでてきたら蓋をして5分ほど蒸らします

この茹でた「テフ」をいろいろな料理に混ぜて使います

テフはご飯に混ぜて炊いても美味しく食べることができます。

 

 

粉状のテフ

パンを焼くときに混ぜたり、ホットケーキなどの入れても美味しいです
テフの量が多すぎるとぱさぱさとした感じになってしまうので小麦粉3に対してテフ1の割合を目安にしてくださいね

 

インジェラ

エチオピアの主食のインジェラは粉のテフを溶かして乳酸菌を混ぜて発酵させて作ります

テフの粉1カップ
小麦粉2カップ
ドライイースト3g
水少々

テフの粉、小麦粉、ドライイースト、水をよく混ぜて布巾をかぶせて常温で1~3日発酵させます
発酵したテフをフライパンで薄く焼きます。

クレープのように薄く伸ばして焼くので野菜などをまいて食べる方法が一般的です。
発酵しているのでやや酸味がかった独特の味がします

 

テフのおすすめレシピ

茹でたテフを作っておいて料理に混ぜ込みます。

・フルーツなどと一緒にヨーグルトにトッピング
・お味噌汁にトッピング
・サラダにトッピング
・ハンバーグに混ぜて焼く
・お好み焼きになぜて焼く
・クッキーやホットケーキに混ぜて焼く
・スープやシチューなどにトッピング

テフは粒が小さく癖があまりないのでどんな料理とも相性が良い♡です。。。

忙しくてコンビニの食事になってしまう時やカップラーメンで済ましてしまう時でも
テフをさっと加えてみてくださいね。栄養価がアップしますよ♪

 

まとめ

テフはスーパーフードと呼ばれるキヌアやチアシードと比べると料理の味になじんでくれるので
食べやすいと思います。

貧血が気になる女性は是非「テフ」を取り入れてみてくださいね。

茹でたテフを作っておくといろいろな料理にトッピング出来るのでお勧めですよ♪

スポンサーリンク