美容師になる為には美容師国家資格が必要です。

国家試験は春と、秋に行われます

国家試験美容学校「厚生労働大臣の認可をうけた学校を卒業しないと受けることができません
美容専門学校の費用はどのくらいかかるのでしょうか?

スポンサーリンク
  

美容学校の費用は

美容学校の費用は昼間、夜間、通信課程によっても変わってきます

最も高いのは昼間で

2年間で200万~300万ほどかかることが多いです

夜間課程では約150万

通信課程約70万

その他道具代など必要になってきます

専門分野や専門コースに分かれている場合もある学校もあるので
教材費は学校によって変わります。

学費が高い学校が必ず良いとは限りません。

自分いあった学校を見つけるためのも、オープンスクールに行くことをお勧めします。
気になる学校があったら何回も訪問して先輩たちの意見など聞くと良いですね♪

公立学費が安い美容学校もあります。
私立の美容学校と比べると半額近い学費になるようです。

設備や授業内容などよく考えて決めてくださいね

 

関東の公立美容学校

埼玉県理容美容専門学校

横浜市立横浜市商業高等学校別科

美容専門学校は厳しい?

美容専門学校は国家試験に合格するために学びます。
専門学校の中には大会を目指すコースやネイルやメイクなど専門性を重視するコースなどに分かれる学校もあります。

美容学校はなんとなく選ぶのではなく自分のやりたい分野を見極めて選んでくださいね。

卒業後の就職も学校によって変わってきます。

ただ、国家試験に受かるためのだけの学校もあります。

卒業後の就職を考えるなら少しでも得意分野を見つけてスキルを上げておくと就職にも有利になります。

特に東京の有名店に就職したい場合は専門学校の就職履歴などチェックしておくと安心ですね。

美容学校の勉強は毎日大変です。
国家試験のための学科の勉強に加えて、実技試験もあります。

まず初めは、ワインディングを綺麗に決まった時間内に巻けるようになる練習をする学校がほとんどです。

とにかく練習毎日しないと手が動くようになりません~
今後の為を考えると美容学校である程度技術を磨いていくことが自分の為になります

仲間が頑張っていると励みになりますよ、、、
初めはなかなかできませんが頑張ってくださいね♪

美容師の専門学校ではバイトをすることは体がきつくなりそうです。

バイトと学校の両立をできている人もいますが。。。
おちこぼれないように頑張ってください♡

昼間課程2年間

必須科目1400時間、選択必須科目600時間計2000時間の授業があります

関係法規、制度30時間

衛生管理90時間

美容保険120時間

美容、物理・科学90時間

美容文化論90 時間

美容運営管理60時間

美容技術理論120時間

美容実習800時間

 

美容実習14科目

 

夜間課程2年間

昼間仕事をしながら夜間勉強します。

授業時間は昼間と同じ。

通信課程3年間

美容学校によるが美容店での従業を前提にする学校もある。

レポート提出やスクーリング授業が行われる

スポンサーリンク

美容師国家試験は難しい?

国家試験の合格率は専門学校により変わってきますが。
昼間の合格率が一番高くなっています

夜間課程や通信課程は昼間サロンで働いている人が多く勉強する時間が少なくなり、合格率も下がります
学科試験で合格しても実技試験で不合格になってしまう事もあります。

地域によって実技の難しさが変わってきますが専門学校できちんと練習していればほぼ合格できるようです。
実技がクリアできても「衛生の取り扱い」の項目のチェックもあるので気を緩なないようにすることが必要です
衛生上の取り扱いも専門学校で指導があるので焦らなければ大丈夫ですよ。

2月に行われる国家試験合格率は
平成28年89.1%
平成27年89,1%

ほとんどの美容学生は2月の国家試験を受けることになりますが
不合格になってしまった場合は8月の試験を受けることになります

国家試験

筆記試験と実地試験がある

筆記試験はマークシート方式で50問

実技試験は

課題1 カット
課題2 オールウエーブセッティング又はワインディング

2017年の課題2はオールウエーブセッティングでした。

受験料
実技+筆記 25000円
実技のみ  12500円
筆記のみ  12500円

 

美容師免許を取得しても一人前の美容師にはなれません。

サロンで経験を積み技術を磨いてアシスタントからスタイリストになっていきます。

美容学校卒業後のサロンは慎重に選んでくださいね。

派手な世界に感じますが、毎日地道な練習をしてキャリアを積んでいきます。

お客様の要望に答えられるように日々勉強なんです。

キャリアを積めば独立することもできます

ヘアーだけでなくメイクやネイルなど幅広い分野で活躍することもできるので、とてもやりがいのある仕事です。

興味のある人は美容学校のオープンスクールに行ってみることをお勧めます。

美容師は休みが少なく土曜、日曜日は休めない職種です。

初めは休みの日でも講習会などで、友達と遊ぶ機会もなかなかとることができません~

美容師免許をとっても辞めていく人も多い職種になっているのも現状です。

技術を磨いたら財産になります。

お客様と接することが楽しくなると続けていくことができるので、、、

初めはとても大変ですが頑張ってくださいね♪

まとめ

美容師のお給料も初めは安く、、、ハサミやウイッグなどを購入すると厳しい生活になると思います。。。

お店に出るにはある程度服装も気を付けなければなりません。
洋服はカラー剤やパーマ液などでかなりの頻度で汚れます~
カラー剤がつくと、、、もう着ることができません~

派手な美容さんでも実生活は練習とサロンワークの繰りかえしの日々が続きますが
技術を磨くために頑張っています。

興味がある人は美容専門学校のオープンスクールに行ってみてくださいね

美容の世界は楽しいですよ♡

 

スポンサーリンク