紫外線を浴びた肌、、、

何とかしたい~!

食べ物で紫外線対策しなくっちゃ!!

紫外線やストレスにさらされると体の中では活性酸素という物質が生まれます。

この活性酸素が色々な老化の引き金になってしまうといわれているのです。

強い紫外線を浴びる夏は活性酸素を抑える食事をとることが大切!

どんな食べ食べ物をとると良いのでしょうか~

スポンサーリンク
  

紫外線に負けない野菜

抗酸化作用のある食材!!

活性酸素を除去してくれる抗酸化作用の強い食材の代表はトマトです

トマトにはリコピンという赤い色素が含まれていて
紫外線などで発生する活性酸素を除去する働きにとても優れているのです

 

夏の暑い紫外線に負けない美肌作りにはとても最適な食べ物です

また悪玉コレステロールの増加を防ぐ作用もあるので体の中が分から

美しいさと健康をサポートしてくれる食べ物です

 

 

食べ合わせで吸収率アップ

リコピンは脂溶性のため油と一緒に調理すると吸収率が高まります

抗酸化作用を発揮するためにはビタミン e を多く含む

スポンサーリンク

ごま油やオリーブ油などの植物油と合わせることが大切です。

 

特に強い紫外線を浴びた日は抗酸化作用が強く、

美白効果があるビタミン c と組み合わせると肌のダメージをブロックするのでとても効果的です

ビタミンCは

パプリカ、小松菜、青じそなどの緑黄色野菜や、

キャベツやじゃがいもにもにも含まれているので

プラスして食べると肌の内側から綺麗になりますよ

ビタミン c は加熱に弱いので抗酸化作用を期待する場合は生で食べる方がおすすめです

 

 

おすすめな食べ合わせ

夏になると食卓に並ぶ機会が増えるのは

・トマト にアボカドをプラスしたサラダ
トマトとアボカドにレタスやキュウリなどお好みの野菜を加えていただきます。

食べる前にいりごまなどをかけると栄養価が高まりますよ

アボカドは変色しやすいので食べる直前に切ってサラダに加えてください

 

・パプリカとトマトのマリネ
トマトとパプリカを食べやすい大きさに切りオリーブオイルとお酢と塩コショウで混ぜ合わせ味をなじませるだけです。

これは抗酸化作用の最強コンビです。
さっぱりとしてとても食べやすいですよ

 

・トマトとモッツァレラチーズの サラダもオススメです

トマトにモッツァレラチーズを加えお好きな野菜と混ぜ合わせてお好みのドレッシングで食べてください
和風でいただく場合は豆腐を入れても美味しく食べられます

 

まとめ

夏こそ強い紫外線にさらされた肌を守るために、
いつも以上に活性酸素を抑える抗酸化作用のある食材をたくさんとりたいです。
食欲が落ちてきてしまう夏はもさっぱりとしたサラダなどで、栄養を摂ることをお勧めします。

スポンサーリンク