「酢生姜」生姜を酢に漬けたものです。


酢生姜を撮り続けることによって代謝アップと肥満の抑制につながり痩せやすい体になると言われます

そんなすすす酢生姜の効果や食べ方紹介します

スポンサーリンク
  

酢生姜の作り方とは

材料

お酢 100cc
生姜 100g
はちみつ 20g

 

お酢の種類は米酢や黒酢などお好みの種類で構いませんが、
ミネラルやアミノ酸を豊富に含む黒酢は特におすすめなんですよ

生姜は皮ごと使います。
1mm 程度に薄くスライスしたり、みじん切りにしたり、
すりおろしたりして保存容器に入れてください

その中にお酢を注ぎ
最後に蜂蜜を加えて一晩つけたら出来上がりです(^^♪

簡単ですよね~!(^^)!

 

 

酢生姜はどうやって使うの

大さじ一杯の生姜を毎日取ることが効果を発揮するのですが
どうやって食べればいいのでしょうか

 

・キャベツの浅漬け+酢しょうが
キャベツ一口大に切って青じそ細切りにしたものを加えます。
ポリ袋に入れ酢生姜大さじ2、塩小さじ1/3、を加えよく揉みます。
冷蔵庫で30分くらい置くと出来上がります

 

れんこんのきんぴら+酢しょうが
レンコンは半月切りにして水にさらしてから水気を切ります。
フライパンにごま油をひいてレンコンを20分炒めます。

砂糖小さじ1/2、醤油小さじ2、酢しょうが大さじ1、を加えさらに1分ほど炒め、
仕上げにいりごまを振ると出来上がりです。
さっぱりとしてとても美味しいですよ

スポンサーリンク

 

豚の生姜焼き+酢しょうが
いつもの 豚の生姜焼きを酢生姜に変えるだけです。
肉が柔らかくなりさっぱりとして食べやすくなりますよ

 

・ジンジャー風炭酸水
炭酸水にハチミツを入れて酢しょうがを入れると、
とても飲みやすいジンジャー炭酸水が出来上がります。

温かいジンジャーティー
紅茶を飲むときに酢生姜を入れて、
ジンジャーティーとして飲むととても温まります。

ほうれん草のおひたしに混ぜたり、味噌汁やスープなどにも加えると、
バリエーションが広がり手軽に簡単に食べることができます。、
是非、毎日取り入れてくださいね

 

 

まとめ

生姜には血管をサラサラにする効果があり、
お酢には血行促進作用があります。

2つの相乗効果で血管年齢がとても若返ります。

加齢とともに 動脈硬化が進行している場合があるので血管年齢を若く保つ努力を
することが健康で長生きの秘訣ですね

 

スポンサーリンク