スーパーフードとして知られているココナッツオイルは健康効果が高く

太りにくい油として 広まってきました。

でも買ったのはいいんだけれど、、、
どうやって使いこなすの?
宝の持ち腐れになってる人が多いのです。

そんなココナッツオイルを毎日の食事に取り入れられるいろいろな使い方を紹介します♪

スポンサーリンク
  

ココナッツオイルは本当に太りにくい油なの?

オイルだから太りそう。。。
カロリーが高いので太りそう。。。
そんなふうに思っていませんか?

実はココナッツオイルは本当に太りにくい油なんです。

ココナッツオイルの脂肪酸の7割中鎖脂肪酸と言われ、

腸で吸収されるとすぐに肝臓に運ばれます。

そして分解されてエネルギーとなるため他の脂肪酸に比べて体脂肪になりにくい油なのです。

いつもの油をココナッツオイルに置き換えるだけで体脂肪がつきにくくなりますよ

さらに中鎖脂肪酸は肝臓で分解されるとケトン体という物質ができます。

ケトン体体脂肪の燃焼を促すので食欲を抑えたり

血糖値の上昇を抑える役割もります。

糖質を控えた食事をすると体は糖に変わるエネルギーとして

体脂肪からもケトン体が作られて太りにくい体になるということです。

 

ココナッツオイルの健康効果とは

ココナッツオイルの健康効果はダイエット以外にもいろいろあります。

抗酸化作用抗炎症作用があり

骨量低下の予防や認知症の予防にもなるとされています。

ココナッツオイルは腸の環境を良くしてくれる働きもあります。

現代では食品添加物が含まれているものを食べる機会が多くなっています。

食品添加物は食品の製造過程で更に加工、保存の目的で添加、混和されるものです。

中には天然のものもありますがほとんどの場合化学合成品なのです。

なので出来れば摂取したくないですよね。。。

 

食物添加物は腸内の環境を悪化しさせてしまう原因の一つだからです。

ココナッツオイルには食物添加物を除去する力があるのです

腸内の繊毛の働きをよくしデトックス効果が高まります。
そして便秘改善につながるのです。

 

ココナッツオイルのおすすめの使い方は

フレンチトースト+バナナ

食パンを四つ切りにし、砂糖、プレーンヨーグルトなどを混ぜた液に浸します。

フライパンで焼くときにココナッツオイルをいれて弱めの中火で両面焼きます。
同じフライパンに輪切りにしたバナナを入れて一緒に焼き、
お好みでラム酒やシナモンなどをふりかけて出来上がりです。

スポンサーリンク

 

甘さ控えめで香りが良いフレンチトーストになります。(^^♪

 

グリルチキン

鶏もも肉を塩コショウで降り肉の厚さを均等に切り込みをいれます
タイムやローズマリーなどのハーブとにんにくの薄切りに白ワインを足して5分位揉み込みます。
フライパンにココナッツオイルを入れて皮から鶏肉を焼き始めます。
その時 パプリカなどの野菜も一緒に焼くと見栄えがよくなります。。
ソースはバルサミコ酢大さじ3はちみつ大さじ1醤油大さじ1、を絡めて、
少し煮詰めたら出来上がりです。
ハーブとココナッツのオイルの香りが食欲が増します

 

簡単ココナッツオイルクッキー

薄力粉150g ココナッツオイル100g
1/2個、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1、牛乳大さじ2

ココナッツオイルに塩。砂糖を入れ泡立てきで混ぜます、
次に卵を加えます。
よく混ざったら牛乳を加えて薄力粉をゴムベラで混ぜ合わせます。
ビニールなどに入れて棒で薄くのばして冷蔵庫で冷やし固めます。

袋から取り出し適当な大きさに切り、
180度のオーブンで18分ぐらい焼いてください

バター代わりにココナッツオイルを使用するので、

バターよりもサクサクとした歯触りに仕上がります。
香りも良いので後を引く美味しさですよ

 

定番として

トーストした食パンにココナッツオイルを塗り、はちみつやメープルシロップをかけても美味しいですよ。

またホットケーキにかけたり、コーヒーや紅茶などにも加えても美味しくいただけます !(^^)!

 

 

まとめ

調理に使ういつもの油ココナッツオイルに変えるだけで
体脂肪がつきにくく、腸にも良いので
毎日の食事に取り入れ工夫して食べてくださいね♪

スポンサーリンク