ウエルシュ菌
加熱しても菌は死滅しません

翌日の煮込まれたカレーは美味しいですよね

作りおきのカレーで食中毒の可能性が!

「ウエルシュ菌」で食中毒にならないためは

菌を増殖させないことが大切です

スポンサーリンク
  

ウエルシュ菌を増殖させな方法

ウエルシュ菌

人や動物の腸内や

土壌や水中などにいる菌です

 

牛肉、豚肉、鶏肉、や魚などからも

見つかる場合もあります

 

食中毒は加熱すれば安全!と思ってしまいます、、、

 

ほとんどの菌は熱に弱いことが多いのですが

「ウエルシュ菌」は

1時間以上加熱しても死なないという
特徴があり、、、

 

加熱食品が自然放冷されてから50℃で増殖していきます

 

カレーは煮込んで、、、放置!
というのが一般的ですが、、

 

加熱して煮込んであるので大丈夫!と

常温で放置しておくと「ウエルシュ菌」は
どんどん増えていってしまいます

 

カレーの場合が危険なのは、、、
鍋の大きさにあります

寸胴などで作ることが多い

カレーやシチューなどは

 

空気に触れる部分が少なくなります

ウエルシュ菌は酸素を嫌う性質があるので
空気にふれれいるところでは

増えることがないのです

 

寸胴のような大きい鍋で煮込むと、、、

 

中の方が密閉された状態になり

酸素に触れる部分が少なく
「ウエルシュ菌が増殖しやすくなります

スポンサーリンク

 

 

カレーやシチューなどを作る時はできるだけ
浅い鍋で作るとウエルシュ菌の増殖を

防ぎやすくなります

 

その他「ウエルシュ菌」を増やさないコツは

・カレーなどを煮込む場合は

かき良くかき混ぜながら空気に触れさせる

 

・カレーなどを調理したら粗熱をとり、、、

できるだけ早く冷蔵庫に入れる

 

・室温で放置する時間を短くする

「加熱調理後3時間以内に20℃以下に冷やす」

 

・前日の残りは冷蔵庫に入れていても

できるだけ早く食べるようにする

 

・野菜などについている菌は洗浄して除去しておく

 

ウエルシュ菌の形態

ウエルシュ菌は

形態を変えることで毒素が出てきます

栄養型から胚芽型に変化するときが危険!

 

加熱されると芽胞型になり、、、

温度が下がってくると栄養型に変わり増殖

 

栄養型から芽胞型に変化するときに毒素が出る!

 

栄養型のウエルシュ菌と摂取してしまうと、、、

体内で毒素が生産され、、、食中毒を起こしてしまいます

 

まとめ

ウエルシュ菌は
どこにでもついてくる菌と思って

油断しないで調理してくださいね
100℃で3時間以上煮込んでも死滅しません!

増やさないことが重要なんです

カレーの鍋はできるだけ浅い容器で作ることや

できるだけは早めに食べるなど気を付けてくださいね

①50℃洗いが凄い理由美味しくなるだけじゃない健康効果にも期待

②お笑い芸人がアニサキスという寄生虫で苦しむ、誰でも注意が必要!

③手についたニンニクの匂い簡単に摂る方法

スポンサーリンク