栄養成分豊富な蜂蜜は美容や健康にとても良いとされています.
料理にも使われることが多く食卓には欠かせない食べ物です.
1歳未満の乳児には与えてはいけないって知っていますか?

蜂蜜のラベルをチェックすると1歳未満の赤ちゃんには与えないようにと注意書きが書かれています.

なんとなく知ってはいても,,,

具体的にどうしてのか知らない人はたくさんいらっしゃると思います
私もその一人、、、

どうして赤ちゃんに蜂蜜は与えてはだめなのでしょうか

スポンサーリンク
  

赤ちゃんにハチミツを与えてはいけない理由とは

1歳未満の赤ちゃんにどうしてハチミツを与えてはいけないのでしょうか。

その理由はボツリヌス菌という菌の存在です

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いのでこのボツリヌス菌に感染してしまうと 乳児ボツリヌス症を発症してしまい、
治療が必要になるほどなのです。
気を付けなければいけませんね。

ボツリヌス菌とは食中毒を引き起こしてしまう菌の一種ですとても毒性が強いのです。

ボツリヌス菌は土の中や井戸水などに含まれていることが多いので休眠状態の芽胞の状態となっていますが、
このが芽胞から発芽して増殖を始めると一気に毒素をでし、食中毒を引き起こしてしまうのです。

スポンサーリンク

その毒素はとても強力でボツリヌス菌に感染すると最悪の場合後に重症になる可能性もあるのです。

 

はちみつのすべてにボツリヌス菌が入ってるのでしょうか

日本で流通している蜂蜜の製品の中の全てにボツリヌス菌が含まれてるというわけではありません。

でも。。。

蜂蜜は加熱殺菌処理されていないためどの蜂蜜が安全か見た目では判断することができないですよね、、、
なので赤ちゃんにハチミツを与えるのは控えといた方が安全ということになるのです。

 

ボツリヌス菌に感染するとどんな症状が出てくるのでしょうか

赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまいをボツリヌス菌に感染すると、
はじめ便秘が続くようになるそうです。
なぜ便秘?
と思いますが、、、、

腸内でボツリヌス菌が増殖しだすと毒素を出し腸の働きを弱めてしまうからなのです。

突然便秘が続くようになった場合は食べたものを見直してハチミツが混ざっていないかったかどうか確認してくださいね。

またボツリヌス菌に感染するとミルクや母乳を飲む量が減るようになり、

泣き声も弱く元気がなくなり、
ぐったりしてきます。
首のすわりが緩くなってぐったりするのは
ボツリヌス菌の毒素が神経麻痺を引き起こしているとされるからです。

症状が悪化すると筋肉にも広がり呼吸困難にもなってくるので命に関わる危険性もあるのです。

ボツリヌス菌に感染してしまってから発症するまでは潜伏期間があります
短くて3日長くて30日潜伏することもあるので1か月間は様子を見るようにしたほうがいいですね

いつから食べさせて良いのでしょうか

基本的には1歳未満の赤ちゃんには食べさせていけません。と、、、
母子手帳にも書いていますが、

特に気をつけたい時期は生まれてから6ヶ月間です

6カ月の間は母乳やミルクで過ごしているため、消化器官がまだ発達していないので、ミルクや母乳以外のものを消化できません。

誤ってはちみつを口に入れないように気を付けましょう。

スポンサーリンク