メラトニン」、、、聞いたことあるけど、、、

骨折予防や骨粗鬆症の予防になるって、、、

 

たけしの「家庭の医学」で紹介!

 

骨密度を守るために、、、「メラトニン」を増やしましょう

 

メラトニンとはどんなホルモン?

メラトニン」は睡眠ホルモンとも呼ばれていて

快適な睡眠に導く大切なホルモンです

メラトニンの分泌によって、、、

副交感神経が優位になり、、、

眠~くなってくるのです

 

夕方から夜に多く分泌されるホルモンなので

睡眠に大きく影響します。

メラトニンは朝起きてから15時間~16時間後

最大量になるため、、、

 

起きてから15時間~16時間後に眠くなります

 

不規則な生活や家に閉じこもっていて、

太陽に当たらない生活を送っていると

自律神経や体内時計が乱れてきます

眠れない~とか、、、

ぐっすり眠れない!ってことがおきてきます

 

メラトニン」は

体内時計をコントロールしたり

抗酸化作用に優れていたり、、、

認知症予防や骨の老化を予防すると

期待されているホルモンです

 

 

 

年を重ねると骨が老化!予防で骨粗鬆症を防ぐ

隠れ骨粗鬆症になっていませんか?

気が付かないうちに

骨が弱くなってきています

カルシウムをとる努力しているから、、、

大丈夫!と思っていても、、、

加齢の影響で、、、弱っている可能性も~

でも、、、安心!

骨は、、、生きていて再生されます!

古い骨が壊れて、、

新しい骨が作られるって!

 

骨が壊れても

骨を作る細胞が

カルシウムとコラーゲンを使って

埋めてくれます

若い人は、、、骨折しても骨がくっつく!ことは

こういう事なんですね、、、

 

1年間で約1割の骨が入れ替わるので

良い骨を作る準備をしておくことが

大切になってきます

 

年齢を重ねてくると

骨が壊れる方が多くて、、、

 

再生する骨が追い付かなくなって

骨が弱くなるんですね、、、

年はとりたくない!!

 

でも、、、助けになってくれるホルモンがあるのです

メラトニン」です、、、

 

骨を壊す破骨細胞にメラトニンが抑制してくれます

 

骨を溶かす液体の正体は、、、「塩酸

骨を壊す細胞が活性化して

細胞が吐き出す「塩酸」が骨を溶かします

 

 

本当に、、、がぁ~溶けていくんです

番組では粉々に溶けてしまっていました~

 

これが骨をを弱くする原因なんですね

スポンサーリンク

普通は破骨細胞が適量の「塩酸」を分泌しています

 

何らかの理由で細胞が活性化すると

細胞が吐き出す過剰の「塩酸」で

よけいに骨が溶けていくのです

 

破骨細胞を活性化しないように沈めてくれる物質が

「メラトニン」なんです

 

 

メラトニンが大切な骨が溶けないように

守ってくれるのですね♡

 

メラトニンを増やす方法

朝の光を浴びる事!

が最も大切になってきます

 

加齢とともに

メラトニンは減ってきてしまいます

 

メラトニンを増やしていかなければいけないのです

 

太陽の光を浴びる理想時間は朝!!

11時に寝ると考えると

7時~9時がベストタイミングです

30分浴びれば十分です!

天気は曇りでも大丈夫、、、

太陽光を浴びることが大切なんです

 

 

骨が弱っていても

毎日太陽光を浴びることで、、、

破骨細胞の活性化の数値が下ってきます

メラトニンを増やして

丈夫な骨を維持してくださいね(^^♪

 

 

まとめ

朝の光を浴びるって、、、睡眠の質を上げたり、、、

骨粗鬆症にもなるんですね

骨折したくない人は、、、

毎日30分!

太陽の光を浴びるようにしてくださいね

毎日の習慣って大切です^^

①便秘、肥満、骨粗鬆症対策には雑穀が凄い!

②朝起きられなくて辛い!二度寝をしてしまう~体内時計に秘密が

③便秘になりにくいトイレの入り方便を出しやすくする体制

④ダイエットと睡眠の関係 痩せホルモンで脂肪を分解

⑤セレトニンを増やす方法簡単な運動で幸せホルモンが増える

スポンサーリンク