だんだん暖かくなってくると

らっきょうが食べたくなってきます。


らっきょうの時期は6月から7月なんです。

この時期に取れたらっきょうを

漬物にして常備食として多く食べられています 。
そんならっきょうの栄養効果ってどうなんでしょうか?

美味しくてつい食べ過ぎちゃうらっきょうですが、、

たくさん食べても大丈夫?

らっきょうについてまとめてみました

スポンサーリンク
  

栄養満点のらっきょうの効果とは

らっきょうはバランスよく栄養が

含まれています。
らっきょうの優れた効能には

食物繊維があります。

らっきょうの食物繊維は

水溶性の食物繊維で、
フルクタンと呼ばれていて、

らっきょう100g 中18.6g入っています。

ごぼう2.3gひじき5.8g なので

らっきょうは野菜の中では

食物繊維ナンバーワンということになりますね。

らっきょうに含まれている食物繊維フルクタンは

脂肪や老廃物をためにくくしてくれるので

ダイエットや肥満予防にはなりますよ!

また食後の血糖値を抑える働きがあります。

血液の流れも良くするので

脂肪の中のコレステロールの増加を防いで

老廃物が溜まりにくくなるのです。

水溶性のフルクタンは

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌のエサになるので

便の回数が増 し便秘解消にも役立ちます.

腸内フローラが整う!って

健康にも美容にもいいですよ!

 

たくさん食べても大丈夫?

今日はとても栄養満点の食べ物です。

第1の効能は血液サラサラになることです。

 

これからの暑い時期には

スポンサーリンク

らっきょうの漬物や酢漬けは、
夏バテ対策にもなります。

 

大好きな人だと20粒。。。

30粒とか食べてしまいますが、、、

たくさん食べても大丈夫なのでしょうか

 

あまり食べ過ぎてしまうと

胃に負担がかかってしまうので

胸焼けや胃もたれの原因なってしまうことがあります。

血液サラサラ効果を期待するには、、

1日の摂取量は5粒ぐらいが最適なんです。

 

どうしてらっきょうを食べ過ぎるとおならが出ちゃうの?

らっきょうは健康効果が高い食べ物ですが、
元々は中国から入ってきた薬用植物で

漢方にも使われているものなんです。

 

らっきょうは調整作用があるので

腸が活発に動き出して、
ガスが溜まりおならが出るということになってしまうのです。

食べ過ぎると下痢になったり、
胃腸が弱いという人は気をつけて

食べた方がいいですね。

体にいいからと言ってたくさん食べるのではなく

毎日少しずつ食べることを心がけましょう

 

まとめ

らっきょうには独特の匂いがありますよね。
この臭いの元となってるのが硫化アルカリという成分なんです。
この成分が口臭の元になるのです。

 

口臭が気になり

らっきょうが大好きでも食べるのを

我慢してしまいます~

食物繊維が豊富なので便秘がちな方には

とてもおすすめな食材とも言えます。

その代わり大腸で分解されると

おならの原因となる

炭酸ガスメタンガスへと変化してしまうので

おならが気になる!という人はを

控えてくださいね。。。。

健康効果を期待して食べる場合は

1日5粒を目安にして食べると良いですね

①アホエンは尿酸値を下げるだけじゃない驚異的なニンニクオイル!

②便秘になりにくいトイレの入り方便を出しやすくする体制

③食べる米ぬかの美肌効果が凄いヒルナンデスに教えた女性が美肌すぎ

④蚊に刺されている~すぐに叩くかそのまま吸わせるかで痒さが変わる

スポンサーリンク