「柿が赤くなると、医者いらず」と言われるほど、栄養価の高い柿ですが

たくさん食べても太らない?

 

干し柿は保存もきくので食べたいところですが、、、、

カロリーが心配、、、

干し柿と生の柿のカロリーの違いはあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク
  

干し柿と生の柿の栄養は?

生の柿にはビタミンCが多く含まれています。
ミカンの約「2倍も」あるんですよ

 

大きい柿なら1日のビタミンCの必要な量をとることができます

 

ビタミンCは美肌のためには積極的にとりたいですよね。。
もちろん風邪予防にもなりなす。

 

「医者いらず」と言われているほどですよ~

抗酸化作用に優れているので
肌の老化を防ぐのには最適ですよ

 

夏の疲れが残っていたり
少しづつ冷え込んでくる季節には食べておきたいですね!

 

βカロテンも多く含まれていて

疲れ目やドライアイの予防などにも効果が期待できます

 

干し柿
干す事によってビタミンCはなくなってしまいます
ほとんど残っていないのです。

その代わり、、、
干し柿はβカロテンが生の柿よりも3倍も多く含まれてます

βカロテン体内でビタミンAに変わり、
βカロテンとしての効果やビタミンAとしての効果も発揮してくれます
βカロテンの効果は

とても強い抗酸化作用があり

活性酸素を除去してくれるので

老化防止や

ストレスの軽減や

生活習慣病の予防になります

 

肌の乾燥を防いでくれ、
肌トラブル

美容にも効果を発揮しますよ!

 

風邪予防など、体の抵抗力をつけてくれ

その他、、、

粘膜強化
骨の強化、

疲れ目予防などにも

効果を発揮してくれます

干し柿食物繊維が豊富に含まれています。
便秘がちな人には最適な食べ物ですね。
生の柿にも食物繊維は含まれていますが、、、

スポンサーリンク

干し柿に含まれている食物繊維は断然多く、
100g当たりの水溶性食物繊維

生の柿0.2g
干し柿1.3g
となります

便秘解消したい人や、腸内環境を整えたい人には
干し柿の方が向いていますよ。。

 

干し柿、生の柿ともにタンニンという成分が含まれています

タンニンはポリフェノールの1種で、

あの渋み成分です

 

甘くなった柿は渋みがないからと言って

タンニンなくなってしまうわけではなく
不溶性タンニンに変化して残ります。

実の部分のゴマと言われる褐班が不溶性タンニンなのです

 

タンニンは血液の中の毒素を排出してくれます。
新陳代謝が良くなり血行を良くしてくれますよ~。

 

悪玉菌を減らす作用や、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる
働きもあります

 

血中のアルコールを分解し排出してくれる働きがあるので、
飲み過ぎた!」という人は食べておきたいですね。

 

干し柿と生の柿のカロリーは?

干し柿
干すことによって水分が抜けて、、、

甘さが増すのですが
カロリーが高くなってしまいます。

 

生の柿のカロリー100gあたり60㎉

干し柿のカロリー100あたり276㎉もあり

生の柿の4倍以上のカロリーになってしまいます

甘くて美味しい干し柿はついついてべ過ぎてしまいます。。。
気を付けてくださいね。。。

 

柿は食べ過ぎると
カロリーの摂りすぎだけでなく
だけでなく体を冷してしまいます。

タンニンという成分が鉄分の吸収を阻害してしまう事もあります。
鉄剤を飲んでる人は食べるタイミングに気を付けてくださいね

1日1~2個程度を目安として食べてくださいね(^^♪

 

 

まとめ

食べ過ぎに注意さえすれば、

健康と美容に最適なフルーツです。

冬をむかえる為にも柿を食べて、

乗り切りましょう♪

柿の葉には実よりビタミンCが多く含まれているんですよ

実の15倍もですよ~

熱に強いビタミンCなので、

柿の葉茶からもビタミンCを手軽に
摂ることができますね。

柿の葉茶は最近では花粉症の予防としても注目を浴びていますよ♪

スポンサーリンク