七五三は子供の成長を願って行う行事です。

三歳、七歳、五歳とお祝いすることはわかっていますが、
準備は何からした方が良いのでしようか

数え年でお祝いするのか満年齢でするのか
悩んでしまうものです

七五三のお参りについて紹介します

七五三のお祝いする年齢

七五三は11月15日に晴れ着を着て神社や氏神に参拝して
将来の幸せをお祈りする行事です

3歳は髪置き(かみおき)の儀
昔は3歳までは髪を剃り、3歳から伸ばすという習慣があったそうです。
男、女関係なく剃っていたのですね。
髪置きの儀は綿白髪を頭にかぶせ頂におしろいを付けて櫛ですいて、髪が白くなるまで
長生きすると願いを込めた儀式を行っていました

5歳は袴着(はかまぎ)の儀
江戸時代から男のこの儀式となり、
5歳になった男の子はその年の11月15日に袴をはかせて
基盤の上で吉方を向いて立たせていました

7歳は帯解き(おびとき)の儀
7歳になった女の子は紐付きの着物から本裁ちの着物をきて丸帯を締めたことから
紐解き、帯解きと言われています
一人で帯を結べるようになり、一人前となったけじめの儀式です

旧暦の11月は秋の実りを髪に感謝する月でした
その満月にあたる15日に氏神に収穫の感謝するとともに
子供の成長を祈願したと言われてきました

七五三は陽数なため、縁起が良い数とされています

昔は数えを使われていましたが、、、
現在では満年齢で行うことが一般的となってきています

 

数え年の数え方
生まれた日を1歳し、初めて迎えるお正月を2歳として数えていく方法です。

数えでお祝いする場合、三歳のお祝いを生まれた月によって
二歳で祝うことになってしまいます

 

まだ小さいお子様は負担が大きくなってしまうので、
満年齢で行うことが
多くなってきています

2017年の数え年と満年齢

3歳 数え年2015年(平成27年)
   満年齢2014年(平成26年)

5歳 数え年2013年(平成25年)
   満年齢3012年(平成24年)

7歳 数え年2011年(平成23年)
   満年齢2010年(平成22年)

お子様に負担のない

に設定してあげてくださいね。

スポンサーリンク

七五三のお祝いの仕方や過ごし方

晴れ着を着て神社に行って、祈願したり
家族でお祝いします

11月ではなく込み合わない10月に行うと人も増えてきています

子供さんが小さいと込み合っていると
いろいろ気づかいや、
子供さんにも負担がかかってきてしまいます。

少し時期を早めたり
平日に設定したりと工夫してみてくださいね

 

写真撮影などは
前撮りしておくとお子さんの負担が少なくなりそうですね。
写真撮影は11月は込み合うため9月や10月に行っておくと安心です。

最近では前撮り写真は、祖父母を含めて家族写真を撮る人が増えてきています

おばあちゃん、おじいちゃんも孫の成長を見るのはうれしいものです

できれば、招待してあげてみてどうですか、、、

 

衣装もレンタルできる写真スタジオは、
貸衣装を借りる場合早めに決めておいた方が種類を豊富にあるので
気に入った衣装を借りることができます

 

神社も予約も早めに入れいておくと希望の時間をとることができます

祈祷料の相場は5000円から10000万円ですが
地域によって変わってきます

千歳飴が付くところとつかないところがあるので確認しておくと
準備しやすいですね

千歳飴は
江戸時代に浅草の飴を売る人が、
長生きするようにと縁起をかついでつけた事が始まりです。

長い飴は縁起が良いのですよ

 

まとめ

お子様の成長を願って
いい思い出も作ってくださいね。。。

泣いちゃっても、、、
それも良い思い出ですよ♡

①運動会に祖父母は呼びますか?お弁当が大変!豪華に見えて簡単な方法

②赤ちゃん筆は何歳から作れる?くせ毛の場合は?値段は?

③オムロンエアーマッサージャーで脚のむくみ対策 使い心地は

④お腹ポッコリ解消。食事の30分前の秘密、桑の葉美人とは

⑤甘酒のダイエット効果が凄い!苦手な人でも飲める方法フルーツ甘酒

スポンサーリンク