片目だけ、、、まぶたが下がって目が開けられない!
勝手に瞼が閉じて見えにくくなった「眼瞼下垂
かもしれません。。。

ハードコンタクトを使用していませんか?
老化だけでなく若い子でも「眼瞼下垂」になる場合があります

「眼瞼下垂」になってしまったら治す方法は?

スポンサーリンク
  

眼瞼下垂はコンタクトレンズだけが原因じゃないその他の原因とは

ハードコンタクトレンズを使い続けていると
コンタクトのレンズの縁がまぶたにの裏側を擦ってしまいます。

毎日コンタクトを漬ける事を考えると

刺激が重なり
拳筋腱膜と瞼の結合部が

外れてきてしまいます。

瞼が下がって目が開けられなくなってしまいます。

 

挙筋腱膜って、、、
ダメージに弱いの、、、?

挙筋腱膜は薄い膜です

まぶたが開くとき
まぶたの縁のまぶた腱板を上眼腱挙筋という筋肉で
持ち上げます。

 

この2つの間にミュラー筋という筋肉と挙筋筋膜があり、

ミューラー筋と挙筋腱膜がダメージを受けると

まぶたが開かなくなってしまいます

事故や転んだリして強いダメージを受けたり、

こすり続けてダメージが受け続けると
挙筋腱膜は裂けてしまいます。。。

 

挙筋腱膜の厚さは0.1mmほど薄い膜です

 

ハードコンタクトだけが原因じゃない場合もあります。

 

つけまつげや強力なアイメイクのクレンジングなどで

目をこすったすると

目の内側にダメージをうけやすく

拳筋腱膜が損傷してしまい

眼瞼下垂になりやすくしてしまいます

 

目への配慮は慎重にしないと

まぶたに影響が出てきてしまいますよ

まぶたのこすり過ぎも要注意です

夜更かしをして、、、眠い~とこすったり!

花粉症で痒くてこすりすぎたり、、、

若い人でも気を付けなければいけない

要素はたくさんあります

 

老化が原因で「眼瞼下垂」になる場合もあります
顔の筋肉や目の周りの筋肉を動かさないと筋肉はこわばりたるみの原因にもなります

顔も筋肉を鍛えることでたるみ予防になります
軽いマッサージやツボを押しなど血行を良くすることも大切ですよ

スポンサーリンク

一度損傷すると回復は難しくなってしまうので

まぶたが開きにくくなったら
病院を受診して、正しい治療を受けてくださいね

眼瞼下垂の手術は?保険適応で治る?

眼腱下垂になってしまったら、

治す方法は手術しかありません。
ならないように生活知ることが大切なんです。

もしなってなってしまったら

保険が適応されるので3割負担の場合は
5万円~6万円程度が一般的な金額です。

1割負担なら1万6千円程度の金額になります
眼瞼下垂の手術は腫れや出血が起こるという
デメリットがあります

手術しても変化を感じられなかったり

再発する場合もあり
なかなか手術に踏み切れない人もいます。

 

 

美容外科では切らないと言われている

「埋没式挙筋短縮法」を行います

自由診療になるため高額になってしまいます

 

ハードコンタクトレンズが原因で

「眼瞼下垂」になった場合、

ソフトレンズコンタクトや眼鏡で
様子を見て

生活に支障を及ぶすようなら

手術に踏み切るしかないようです

病院の先生とよく相談してみてくださいね

眼瞼下垂にならないための目の予防方法

コンタクトを使用する場合は

上のまぶたを強く引っ張らないようにとるか、

下まぶたを使ってとるようしたりに気を付けてみてくださいね

まぶたに刺激を与えないようにアイメイクなどのオフもなでるように
やさしく扱ってくださいね。

目の周りのツボを押したり、体操で血流を良くして、
疲れを溜めないようにしてくださいね

簡単にできる目の体操は

眉毛の位置はを指で固定して、

目をパッと開きます!

5秒間開いた状態でキープ!

その後目を閉じて休めます

これを何回か繰り返してくださいね

まとめ

ハードコンタクトが原因で眼瞼下垂になってしまうなんて、、、

知っていましたか??

眼瞼下垂になる要素はたくさんあります。

まぶたは大切に扱ってくださいね。。。

 

①スマホ老眼予防法!目が疲れていませんか?目の疲れをチェック

②メラトニンを増やして骨折予防!簡単にメラトニンを増やす方法

 

スポンサーリンク