腸内フローラを整えて便秘解消に良い

ぬか漬け」は、
即効性もあり、、、

肌にも良い効果があります。

美味しいぬか漬け」って

難しいと思っていませんか?
最近はテレビでも

「ぬか漬け」の特集などやっていて、

簡単に作れるようになってきています。

失敗しない「ぬか漬け」の作り方や効果など

まとめてみました。

スポンサーリンク
 

ぬか漬けの簡単で失敗しない作り方

ぬか漬けは米ぬかを

乳酸発酵させて作ったぬか床

野菜などを漬け込んで作るので

手間や時間がかかる食品です。

 

最近では「熟成ぬか床」など

スーパーでも手に入るので、

初めてでも作りやすくなってきています。

 

 

基本の生の糠からつける方法

☑ 米ぬか400g 

☑ 食塩50g  

☑ 出汁昆布に毎水400cc

☑ ぬか床を作る容器

 

米ぬかに水と食塩を混ぜた食塩水を

少しずつ加えてきます。

ポイントは一気に加えないことです。

 

3回から4回に分けて混ぜ合わせていくといいと思います。

 

塩を混ぜただけの、

ぬか床は

まだ発酵していないので

1日1回混ぜてください。

 

1週間ぐらいは毎日空気を入れるように

混ぜ合わせると良いです。

 

そして野菜のヘタなど、くず野菜を入れて

糠をならしてください。

 

トウガラシや昆布をいれて

表面をならして空気を抜いて保存します。

 

何回かつけると塩分が野菜の水分を吸って

糠床が出来上がってきます 。

 

クズ野菜を取って本漬けを始めます。

野菜を漬けるときは、良く洗ってから、

水分をふき取り塩で揉んでから漬けます。

 

1日くらいでほとんどの野菜はつかりますが、

1日1回は必ずかき混ぜてくださいね。

 

冷蔵庫で「ぬか漬け」のポイント

毎日糠床を

スポンサーリンク

かき混ぜるのが面倒だったり、、、

独特の臭いが不安だったり、、、

 

心配な人は冷蔵庫に入れることで、

簡単に始めることができます 。

冷蔵庫でぬか漬けを保存すれば、

毎日かき混ぜなくても大丈夫なんです。

 

注意点としては、美味しいぬか漬けを持続するために

1週間に1日は冷蔵庫から取り出して

常温において発酵を促進してあげてください。

 

容器も冷蔵庫に入る大きさを用意してくださいね。

 

水っぽくなってきてしまったら

漬け込む野菜の水分でぬか床は

だんだんと緩くなってきてしまいます。

こんな時は厚手のキッチンペーパーや

清潔屋布清潔な布で、ぬか床の表面を

被せ余分な水分を吸わせるようにしてください。

 

他には、一箇所くぼませてからしばらく放置して

溜まった水分を捨てるという方法もあります。

 

水っぽくなった時足し糠をする方法もあります。
糠床が減ってきたら足し糠をします。
100グラムの米糠に対して7グラムの塩を足すと良いでしょう。

 

ぬか漬けの効果

ぬか漬けは発酵食品です。

乳酸菌をたっぷり食べられるぬか漬け

腸内フローラを整えてくれます

 

ぬか漬けの乳酸菌は、

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌と違って
植物性乳酸菌なので大腸まで

乳酸菌が届きやすくなります

 

ぬか漬けは乳酸菌以外にも

糠の中に栄養バランスの

秘密があるのです。

 

糠を発酵させて作るぬか床には

たんぱく質、脂質、食物繊維、ビタミン c、 ビタミン b 1 、b 2、 b 6、

ナイアシン、カルシウム、リン、鉄などの栄養素がたくさん含まれています。

 

ビタミン c は熱に弱いので、

ぬか漬けにする野菜から摂取することができるのです。

 

弱いビタミン c でも

野菜を生のままで食べられるぬか漬けは、

バランス栄養食ですね。

 

ぬか漬けは生の状態で食べることができるので

体内に酵素を取り込むこともできます

 

 

人間の体は40代の頃から酵素を作り出す能力が

低下してきてしまいます。

 

酵素が減少すると老化が始まるのです。
ぬか漬けはアンチエイジングにも効果的ですね。

ぬか漬けを食べて健康で美しい身体を手に入れましょう。

①食べる米ぬかの美肌効果が凄いヒルナンデスに教えた女性が美肌すぎ

②白髪染めで髪が痛む!髪と頭皮にやさしいヘナとは

③南雲先生のおすすめ!甘酒酵素水はすごい発酵食品だった

スポンサーリンク