だんだん気温が高くなってくると、

疲れが取れない~」「食欲がなくなる~」という症状が

現れてくることがありませんか?

今年こそは、元気に夏を乗り切りたい!
早くから予防をすることで、夏でも元気に過ごせますよ!

 

スポンサーリンク
  

夏バテの原因と症状は?

夏の暑さがきっかけとなって夏バテは起きます。

人によって症状は様々ですが、
体が疲れやすい、だるい、食欲がなくなるなどの他にも、
吐き気や下痢、頭痛、めまいなども起こる場合もあります。

 

暑い外とエアコンが効いている涼しい室内の温度差がある場所を移動していると

自律神経の働きが乱れてしまうのです。

 

自律神経が乱れると体温調節機能が低下するので

体温のコントロールがとても難しいのです。

そのため頭痛やめまい、吐き気や下痢など

夏バテという症状が起こってきてしまいます 。

 

夏バテと思っていても、、、
熱中症の初期症状であることもあります。注意して!!
熱中症は暑さによって体内の水分や塩分のバランスが崩れています。
夏バテと熱中症は似ているのですが

熱中症は重症化すると命の危険性もあるので注意してください。

 

夏バテに良い食べものは?

暑い日が続くと体がだるくなったり疲れがたまりやすくなります。
そして食欲がなくなってくることもあるので

栄養が偏りがちになってしまいます。

夏バテには疲労回復効果のある食べ物を撮ることがとても大切ですね。

 

ビタミンB 1を含む食べ物
ビタミン B 1が不足するとブドウ糖がエネルギーに変わることが出来ず、
疲労物質である乳酸となって、夏バテ起こしてしまうのです。

 

ビタミン B1を含む食材を積極的的に取ることで

夏バテを防ぐことができます。

うなぎ、豚肉、大豆、玄米、ほうれん草など、、、

 

アリシンを含む食べ物
アリシンにはビタミン B1を吸収しやすくしてくれる他、
その効果を持続する働きがあるのです。
ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎなど、、、、

 

スポンサーリンク

クエン酸を含む食べ物
クエン酸は酸っぱい食べ物に含まれていて疲労物質の乳酸を

分解してくれるので、疲れが溜まりにくくなります。
レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干しなど、、、

 

ナイアシンを含む食べ物
ナイアシンはビタミンB1と同じで疲労回復効果があります。
また脳のホルモンであるセロトニンの原料にもなってくれま

豚レバー、たらこ、アジ、サバなど、、、

 

ビタミン c を含む食べ物
夏の暑さでストレスを感じるとビタミン c が消耗されます。
ビタミン c をとることによりストレスも軽くなり

自律神経が安定するのです。
また免疫力を高めてくれるので風邪予防にも効果があります。
トマト、ゴーヤ、かぼちゃ、アスパラガスなど、、、

 

ムチンを含む食べ物
ネバネバ成分のムチンは暑さのストレスで弱った胃腸の粘膜を

保護してくれる働きがあります。
納豆、山芋、オクラなど、、、

 

香辛料
熱くなっても食欲がないときでも

香辛料の刺激で胃腸が働きやすくなる為、
食欲減退を防ぐことができます。
わさび、唐辛子、にんにく、みょうが、しそなど 、、、

 

「甘酒」夏に飲む良い理由とは

甘酒は寒い時期に飲むイメージと思っていませんか?
実は甘酒は夏の季語なんですよ!

昔からから栄養価の高い甘酒疲労回復

熱中症予防のために栄養ドリンクとして親しまれていたそうです。
甘酒売りと呼ばれるという方が甘酒を

「甘酒~甘酒いかが~」と売り歩いていたそうです。

日本では昔から夏には甘酒という文化があったのようですね。

 

甘酒にはビタミン B1、ビタミン B2、ビタミン B 6、葉酸、食物繊維、

オリゴ糖、システイン、アルギニン、グルタミン、など

とても栄養効果が高い成分が含まれています。

飲む点滴」といわれる凄い効能があるのです。

疲労回復、風邪予防、腸内環境を整えてくれる、

麹菌が美肌に効果的、脂肪燃焼を助けるので

ダイエットにも効果的
夏でも「甘酒」は積極的に飲みたいですね。。。

 

まとめ

夏バテ予防として、、、
甘酒を飲んだり

疲労回復効果のある食べ物などを取ることによって、
元気に夏を乗り切ることができます。
毎日の食生活で夏バテ予防をしましょう。

スポンサーリンク