年とともに肌のしわやたるみが気になってきませんか、、、

若々しい肌をキープするには「糖化」を防ぐ食生活が大切です

「糖化」が肌の老化や体の不調を招く原因にもなります。

「糖化」って、、、何、、、?

スポンサーリンク
  

糖化って何?肌の老化を招く原因とは

「糖化」とは、、、体の中のタンパク質が糖と結びつき
劣化していってしまい

肌にとっては大敵なんです!

糖化を防ぐ食生活を心がけることが美肌や健康を維持できるカギになります。。。

ご飯やパン麺類などの主食や、、、

甘いお菓子、、、ジュースなど、、、

糖質が多く含まれている食べ物、、、大好きな人は要注意!

 

糖質は脳や体を動かすエネルギーにもなりますが、、

必要以上にとってしまうと

使われなかった糖質が血液にあふれて、、、
血糖値が急に上がります。

 

余分な糖質は体内のタンパク質とくっついて、、、

AGE(糖化最終生成物」)という物質になり、、、からだの組織の機能を低下させ、、、
老化が早まったり、不調の原因となります

 

肌は生成するたんぱく質の一種のコラーゲンやエラスチンに「AGE]がくっつくと、、、
肌が糖化!

肌の弾力がなくなるほか、、、
しわやたるみ、肌のごわつき、シミができやすくなるなど、、

老化しやすくなってしまいます

 

甘いものやめられない~
と思っていても、、、

ほんのちょっとの心がけで変わってきますよ。。。

糖化を防ぐ生活見直してみませんか。。。

 

肌を糖化から守る生活スタイル

糖化を防ぐポイントは

余分な糖質を溢れないようにして、、、

血糖値の上昇を抑える!

ということを意識した食生活を送ることが大切です

 

甘い物を食べ過ぎないことや、食事のとり方など
ちょっとしたことを頭に入れて生活するだけで、、

肌の老化のスピードを抑え、、

、若々しさを維持!!

 

 

 

食事の食べる順番を意識する
食べる順番を気を付けると血糖値の上昇を緩やかにしてくれます
野菜→おかず(肉、魚)→主食(ご飯、パン)

 

野菜には食物繊維が含まれています。

 

食物繊維は糖質の吸収を緩やかにする働きがあるため

野菜を食べてから、、、おかずや主食を食べると

血糖値の上がり方が緩やかになります

スポンサーリンク

 

 

空腹の時に甘い物を食べていませんか

お腹が空くと、、、甘いもの食べたい!
でも、、、これが超NG!

 

胃が空っぽの時は、、、一番糖質を吸収しやすい状態になっています

甘いお菓子や、ジュースなどいきなり食べると、、、一気に
血糖値が上がってしまいますよ。

 

間食するときは、
血糖値が上がりにくいおやつにしましょう。

 

グレープフルーツやリンゴ、イチゴなどの果物はGI値が低いのでお勧めですよ

チーズやナッツもGI値が低く、腹持ちが良いのでお腹が空いたな!と思ったら、、、

アーモンドやカシューナッツ、、、

チーズやプレーンヨーグルトを

食べるようにしてくださいね。

 

緑黄色野菜を積極的に取り入れて!

緑色の野菜は「AGE]を増やさないようにしてくれます。

血糖値を下げてくれるインスリンの手助けをする

「カリウム」が豊富に含まれているので、、

血糖値が上昇しにくくなります

 

食物繊維が豊富な豆腐や海藻類、キノコ類も血糖値の上昇を緩やかにしますよ

 

食べた後、動いていますか?
血糖値が一番上がりやすいのは、食後の1時間です

このタイミングが重要!

食後の1時間で体を動かすと、、、
血液中の糖質がエネルギーとなり使われるため、「AGE]の増加が抑えられます。

軽くウォーキングをしたり、

スクワットを20回
など、、、

有酸素運動+筋トレ
がお勧めです

 

階段の登り降りを2分位など、、、

自分に合わせた運動で血糖値の上昇を緩やかにして下さいね。♪

 

「食べすぎた~」とい思ったら、、、運動!

してくださいね♪

 

まとめ

普段の生活でほんのちょっと気を付けるだけで、、、「糖化」を防げるようになります。

夕食後はごろごろしない!

食事は野菜から!

お腹が空いてもいきなり甘いものは食べない!

「糖化」は目に見えないけど、、、意識して過ごしてくださいね(^^♪

①食べる米ぬかの美肌効果が凄いヒルナンデスに教えた女性が美肌すぎ

②かっさプレート脚のむくみがスーっと消えるセルライトも解消

③メラトニンを増やして骨折予防!簡単にメラトニンを増やす方法

④代謝を上げる入浴方法 お風呂の入り方で痩せ体質に

⑤白髪染めで髪が痛む!髪と頭皮にやさしいヘナとは

スポンサーリンク