日本テレビ「ヒルナンデス

で「ヒルナンデスに教えたいコーナー」で巣鴨の人たちに、

美容と健康の方法を教えてもらっていました、、、

ビックリするほど肌がきれいな50代の女性が登場

ファンデーションも塗ってないスッピン

でも、、、ツルツルで透明感もあり50代とは思えない!

秘訣は米ぬかを毎日食べてるんだそうです。

 

米ぬかなんて、、、まずそうーーー(>.<)

と思いましたが、、、

「食べる米ぬか」なら、、、超食べやすいって!

 

スタジオの人たちも美味しそうに食べていましたよ!

食べる米ぬかなら!

食べてみたいーーーですよね。(*^_^*)

 

米ぬかって食べられる?米ぬかの効果とは

米ぬかは玄米を精米するときに出てくる粉で、

玄米の表皮と胚芽が含まれているため

栄養素が豊富に含まれています。

 

ぬか漬けなどは一般的ですが、、、そのまま食べる

事もできます。

 

米ぬかは臭みがあり、、、そのままでは食食べにくいですよね、、、

フライパンなどで

焦げないように乾煎りして食べると食べやすくなります

 

生の米ぬかは日持ちしないので、乾煎りして水分を飛ばし

冷蔵保存や、冷凍保存させます

乾煎りしても栄養素には変化はありませんよ

 

 

米ぬかは栄養素が凄いんです!

玄米の90%の栄養素を含みます。。。

ビタミンB1は白米の20倍!

食物繊維も豊富でほうれん草の10倍含まれていて

栄養の宝庫ですよ♪

 

 

米ぬかの美肌効果

ビタミンB1

肌の新陳代謝など体の代謝を上げてくれます

ビタミンE

活性酸素を除去してくれます

活性酸素が溜まると老化の原因となります

アミノ酸

アミノ酸はコラーゲンを作る原料で肌の再生を助けてくれ、

うるおいの肌を保つ役割をします

新陳代謝を活発にし、肌の弾力を保つ働きをします

ビタミンB2

皮脂の分泌を抑え肌荒れを防止したり、シミやしわの予防に役立ちます

セラミド

肌のみずみずしさを保つ働きをします

スポンサーリンク

不足するとカサカサの肌になっていきます

カルシウム

骨や歯を丈夫に保ちます

食物繊維

食物繊維は豊富に含まれています

不溶性食物繊維は水分を吸収して、便をかさ増ししてくれます

刺激で、腸の蠕動運動が活発に働きます

米ぬかだけに含まれる特別な成分

フェルラ酸

ポリフェノールの1種で、紫外線から肌を守り美肌効果が期待できます。

酸化を抑制することから、脳への血流もよくなりアルツハイマーの予防や高血圧の予防も期待されます

ガンマオリザノール

自律神経を整えてリラックス効果が期待できます

自律神経はストレスから体を守ってくれます。

コレステロールの低下の予防にも役立ちます

米ぬかの栄養って、、、すごいんですね♪

 

 

食べる米ぬかの摂取量は?味はおいしい?

米ぬかは1日スプーン2杯位が適量です

大量に摂取すると、、米ぬかに含まれている

フィチン」という成分が

体内のミネラル成分と結合する性質があるとされミネラル不足を

招く場合もあります

大量に摂取するのではなく

継続的に少しづつ食べ続ける事が大事なのです

 

米ぬかには農薬の残留など気になります。

無農薬で育てられた

お米からとれた米ぬかを使用した方が安心ですね

 

米ぬかはくせがあり食べにくいとされています

料理に混ぜ込んで食べる方法がお勧めです

カレーに加えたり、ハンバーグに加えてこねたり、

ヨーグルトのトッピングやホット‐ケーキに混ぜると栄養満点のおやつにもなります

スコーンやクッキー

何でも、、、混ぜて

手作りおやつを楽しんでみてくださいね

 

まとめ

ファンデーション無しでも町を歩くことができるほど、、、

美肌に近づきたい、、、

食べる「米ぬか」は食べる価値ありそうですね♡

①甘いおやつがやめられない40代運動しなくても痩せ体質を目指す方法

②白髪染めで髪が痛む!髪と頭皮にやさしいヘナとは

③お腹ポッコリ解消。食事の30分前の秘密、桑の葉美人とは

④南雲先生のおすすめ!甘酒酵素水はすごい発酵食品だった

⑤更年期太りに最適な飲み物[豆乳甘酒」

 

スポンサーリンク