暑くて、、、汗でべとべと、、、臭いもある~

悪い汗かいていませんか、、、?

悪い汗は熱中症になりやすいんです

では、、、良い汗のかき方とは、、、

スポンサーリンク
  

良い汗と悪い汗の違いとは 悪い汗は熱中症に注意

汗をかくことは体に良い!代謝も上がり、、、

健康のためには、適度に汗をかくことは大事ですよね。

良い汗と悪い汗があり、、、

悪い汗をかいていると、病気が潜んでいたり、熱中症になりやすいんです

 

良い汗
良い汗とは水のようにサラサラしています

汗をかいても

蒸発しやすく雑菌が繁殖しないので

臭いもありません

 

 

悪い汗

運動不足で汗をかかない生活をしていると、

悪い汗をかきやすくなってしまいます。

ナトリウムなどもミネラルが汗となって出てきてしまい、
べとべとの汗になってしまいます

べとべとの汗は臭いもあり大粒で蒸発しにくいので体温を下げてしまいます。

汗腺の衰えている人は暑い中でも汗が出にくくなり体内に熱がこもりやすく、
熱中症になりやすくなってしまいます

 

冷房の効いた部屋で過ごしていると汗をかきにくくなり、

汗腺の数がどんどん減っていき体温調節ができなくなってしまいます。。。

 

汗腺の数が減るとミネラルを血液に戻す作用ができなくなりべとべととした汗になります

 

 

暑くなくても出る汗

・更年期障害のホットフラッシュ

ホルモンバランスが崩れることで起こる更年期障害の一種で「ホットフラッシュ」はおこります

急に「かぁ~」となり汗が噴き出てきます

顔がのぼせたように熱くなり、自分ではコントロールできなくなってしまいます

自律神経が崩れると起こりやすいと言われています。

スポンサーリンク

 

・多汗症

精神的な理由で汗が噴き出してしまう症状です

多汗症は主に足の裏、手の平に汗をかく病気で日常生活にも支障が出てきてしまいます。
あまりひどい場合は病院を受診することをお勧めします

 

良い汗をかいて毒素を排出

良い汗をかくには汗をかくトレーニングをすればいいんです!

良い汗をかけば熱中症にもなりにくくなります

毎日の心掛けで、、、

良い汗をかける体になりますよ!

 

汗は体の余分なものを排出する役目があります

 

良い汗は毒素や有害物質、脂肪分などを出す役目をしてくれます

 

適度な運動をする
朝や夕方などの涼しいくなった時間帯に

ウォーキングや軽いジョギングで汗をかくこと(30分以上)

シャワーで済まさず湯船につかる

ゆっくりと温まり

じわっと汗が出るくらいの入浴をする。

半身浴などお勧め

ヨガやスクワットなど軽くストレッチをして汗をかく

・栄養バランスを考えた食生活
冷たい飲み物は避け、体を温める食品を食べるように心かける

 

岩盤浴もお勧め

岩盤浴は汗をかくことで自律神経を整えてくれます。

ストレス発散にもなり、デトックス効果もあるのでお勧めですよ

 

まとめ

水分はこまめにとって下さいね。

普段から軽い運動などで汗をかきやすくしておくことが良い汗をかくポイントです。

暑いからといって、クーラーの部屋に閉じともっていると、

汗が出にくい体になり熱中症にもかかりやすくなってしまいますよ!

どんどんいい汗をかきましょう♪

①モロヘイヤは夏野菜NO1だった。その効果とは!林先生の今でしょ講座

②朝起きられなくて辛い!二度寝をしてしまう~体内時計に秘密が

③食べる米ぬかの美肌効果が凄いヒルナンデスに教えた女性が美肌すぎ

スポンサーリンク