40代から50代にかけて更年期が近ずくと、、、

色々な症状が出てきます。

めまいや動悸、

急に汗が出る

ホットフラッシュなどの症状や、

精神的にもイライラしたり

不眠になったり、

気分が落ち込むなど様々な症状がでてきます。

 

原因も分からず不安、、、

更年期障害と病院で 診断されると、
ホルモン剤や抗うつ剤などを処方されることが多いですし、

できるだけ薬に頼らず更年期症状を和らげていきたい!
と思いますよね

 

腸内環境を意識して日常の食生活生活を見直していけば

更年期障害が改善されるのではないかと言われてきています。

更年期かな?と思う方や、なんとなく体調が優れない人などは、

腸内を見直してみてくださいね^^

 

スポンサーリンク
  

加齢とともに腸内細菌はどうなる?

・加齢とともに善玉菌が減り、悪玉菌が増殖しやすくなってきます。
・様々なストレスで腸内細菌のバランスを崩しやすくなります。
・偏った食事やストレスや過労、抗生物質の薬などの影響で善玉菌が増殖しやすくなってきます。

 

腸内細菌のバランスが崩れると起こる症状

便秘、下痢、肌荒れなど、
体臭、便臭、口臭など、
発がん性物質の発生など、
生活習慣病のリスクが増大するなど

中高年以降は特に善玉菌を増やす食生活を送ること

が最も大切です。

 

悪玉菌が増えるとどうなる

善玉菌日日和見菌悪玉菌の3つの腸内細菌は常に争われています。
加齢やストレスにより悪玉菌が少しでも増えると、


たくさんの日和見菌が協力するようになり、
ますます悪玉菌が増殖します。

 

逆に善玉菌が少し増えると今度は日和見菌が善玉菌に協力し、
善玉菌がとても優勢になります。

腸内細菌の大部分を占める日和見菌が腸内環境の鍵を握っているのですね。。。

日和見菌を味方につけて、、、
腸内の善玉菌を優先にしていくことが

悪玉菌を増やさないということになるのです。

 

悪玉菌が増えると

腸は汚れて老化し、
様々な病気を引き起こす原因ともなります。

 

ファーストフードや加工食品などは悪玉菌の大好物!!

偏った食事をしたりストレスや加齢などの原因で一気に

悪玉菌が増殖します。

そのままにしておくと腸が汚れてきて有害物質が発生し、
老化し様々な病気を引き起こすことにもなります。

なので、
悪玉菌の好きなものをばかり食べている人は

腸内環境が乱れている可能性があるのです。

悪玉菌が増えると

腸で大量の毒素が発生するので、

それにともない老化を引き起こしやすくなるのです。

中高年以降こそ食生活には気をつけないといけません。

 

スポンサーリンク

腸内環境を整えると若返る

腸内細菌とアンチエイジングの関係はどうなのでしょうか。

善玉菌を増やして食生活を改善すると

老化防止の効果を得ることができます。

 

・腸内に老廃物が溜まったままだと

代謝が怠ったり老化を進めてしまいます。

善玉菌が優勢になると新陳代謝が活発になるので

細胞の老化を防ぐことになります。
細胞が活性化すると美肌の効果も出てきますよ^^

 

善玉菌を優勢にすると腸内は酸性になってきます。
すると病原菌を除去して免疫力を高め病気や

アレルギーになりにくい体を作ってくれます。
風邪を引きにくくなったり、

疲れにくくなるということにつながりますね^^

 

・腸内環境整えると腸内細菌が幸せホルモンと言われる

ドーパミンやセレトニンという脳内伝達物質が増えてきます。

自律神経を整え適度なバランスを保ってくれたり、
副交感神経を活性化させるしてくれるので

更年期による不調などの軽減が期待できるのです。
夜もぐっすり眠れるようになりそうですね^^

 

 

腸内環境を整えると身体全体が若返り、

快適な生活を送ることにつながるなら、

食生活を少しでも見直していきたいですね。

 

①甘酒のダイエット効果が凄い!苦手な人でも飲める方法フルーツ甘酒

②南雲先生のおすすめ!甘酒酵素水はすごい発酵食品だった

③ホットフラッシュって?更年期の対処法

④更年期?関節の痛みが1日で激痛に!診断結果は!

⑤代謝を上げる入浴方法 お風呂の入り方で痩せ体質に

スポンサーリンク