白髪が多くて~
出来ればマメに染めたい、、、

でもダメージが心配~
頭皮が心配~

という人にお勧めはヘナカラーです

ヘナはハーブの種類なんです

頭皮と髪にやさしいヘナは最近人気が出てきています

ヘナの性質や

メリット、デメリットをなどをお伝えしていきますね

スポンサーリンク
  

ヘナカラーとは?頭皮にやさしい理由

ヘナとは日本ではシコウカとか、ツマレナイノキとも呼ばれている
ハーブの一種で
西南アジアから北アフリカにかけ自生している植物です


学名は

ローソニアと言い

ヘナの色素はローソン色素と言います

 

インドではアーユルヴェーダにも記載されていて

皮膚病の予防にもなると言われています

 

上質の良いヘナの端の部分だけを

パウダーにして
パウダー粒子を細かく生成する

作業を繰り返してヘナが出来上がります

 

 

ヘナは一般的にトリートメント効果がある

知られていますが
頭皮の毛穴に詰まって酸化した皮脂を

きれいにしてくれる効果も期待できると言われています

 

100%ナチュラルヘナ

濃いオレンジに発色していきます

このナチュラルヘナがトリートメント効果があるとされています

 

白髪に入れるとかなりオレンジ色になるため
インディゴブルー と混ぜて使用する場合もあります

 

インディゴブルーとはいわゆる 藍染のことで

天然の藍を使用します

 

繊維を染める場合はブルーなりますが

髪の毛はブルーにはなりません
ナチュラルヘナとなぜることでブラウンに近い色に染まります

 

 

白髪の量や毛髪によって染まり方が多少違ってきます。

ヘナは自然の植物なので

ヘナの種類や気温などによっても違う場合があります

 

初めてヘナで染める場合
美容師さんに相談してみることをお勧めします

ヘナカラーの種類とメリットデメリット

ヘナの種類は大きく分けて2種類あります

天然100%のナチュラルヘナ
人工染料混合ヘナがあります

 

それぞれメリット、デメリットがあるので

白髪の具合によって使い分けます

スポンサーリンク

 

天然100%ナチュラルヘナ

メリット
傷んだ髪にトリートメント効果があります

傷んでる髪はたんぱく質が抜けてスカスカになってる状態です
その隙間にヘナ入り込み吸着することで潤いやつやを与えてくれるのです

頭皮に優しく毛穴のつまりを綺麗にしてくれる効果も期待できます

一度入れたら退色しにくいので 艶が長持ちします
塗布は失敗がなく比較的簡単に行えます

 

 

 

デメリット
色が選べません
ナチュラルヘナは 色が限られてきてしまいます
退色しにくいということはオレンジ系から色変えができにくいということです

 

 

・人工染料混合ヘナ

ナチュラルヘナは色が限られていますが
人工染料混合ヘナは黒色や茶色などの濃い色出すために
微量の人工染料を混合して 作ります

 

メリット

ライトブラウン、ブラウン、ブラックなど色を何色か作ることができます

微量の人工染料が含まれていますが繰り返し染めても

髪や頭皮のダメージを最小限に抑えられ

ハリやコシを与えてくれます

退色しにくいので白髪に入れても色が長持ちしてくれます

 

 

 

デメリット

重ね塗りしていくと色がだんだん濃くなってきてしまいます

退色しないという特徴で一度暗くなると明るく出来なくなってしまいます

塗布時に技術が必要になります

 

 

 

ヘナカラーで染めてもパーマはかけられる?

ヘナカラーで染めた髪でも

パーマをかけることができます(^^♪

毛髪が丈夫になっているため

かかりにくくなるので
パーマをかける時は

ヘナカラーをしていること美容師さんに伝えてくださいね

 

パーマをかけている人こそ

ヘナはオススメです

パーマ とカラーをしてる人は

髪のダメージが大きくなりますよ~

 

まとめ

白髪染めを繰り返したダメージ毛でもヘナに変えると

艶とこしがでて

根元からボリュームアップします

艶々の髪ほど見た目が若返りますよ!(^^)!

ヘナカラーは自然のものですが
ごく稀に食物アレルギーがある人は

反応がでる場合もあります
心配な場合はパッチテストを

行ってから染めることをお勧めします

スポンサーリンク